派遣で正社員になれました

派遣で正社員になれました

派遣から正社員へ
そんなことが本当にあるのか?疑問に思う人もいることでしょう。しかし、これが実際あるんですよ。
企業側も、実際の働く様子を見て採用できるということもあって、派遣会社に人材の要請をしておきながらも、
実際は正社員に使えるような人材を探しているという場合もあるようです。
紹介予定派遣というようなものもありますが、そのようなことを告知せずにスカウト?される人もいるようです。
紹介予定派遣というのは、実際にその職場を体験して、派遣期間終了時に双方合意があれば直接雇用されるというものです。
これは、企業側も私たち派遣される側もメリットが多いですし、入ってみたらこんなはずじゃなかった・・・というようなことを避けることができるため、多くの企業が注目しています。
このようにして採用されると、予め仕事の内容や雰囲気もつかみやすいので、企業側も安定した人材を得ることができます。
新規採用をしても、3割ほどは3年以内に辞めてしまうと言われている現代、この採用方法は無駄をなくすためにもこれからますます普及していくはずです。

 

また、業種によっては3年以内の離職率が50%を超えていることもあり、企業側も人材を育てていけないということで、このような紹介予定派遣のような方法がベストではないかと考えているようです。